会いたくてたまらない 男性心理〜素直にできないこと…。

会いたくてたまらない 男性心理

会いたくてたまらない 男性心理

会いたくてたまらない男性心理についてですが、
どういう時にこの会いたくてたまらない男性心理が働くかと言うと、
たぶん、こんな時なんじゃないでしょうか。

 

何かで落ち込んだ時、たとえば仕事でミスして暗い気持ちになった時、
大事な試合で負けた時などなど、気持ちが落ち込んで辛い時なんかに、
彼女に会いたくてたまらない、あるいは片思い中の女性の顔が浮かび、
会いたくてたまらないという男性心理になると思います。

 

素直に女性に甘えられないという男性心理も一つありますが、
それを越えてくるのが会いたくてたまらない男性心理なんじゃないかと私は思うんです。

 

女性も同じかもしれないですが、男性にとって恋愛のパワーは計り知れないモノがあります。

 

毎日仕事が辛い状態の場合は、好きな女性に会いたくてたまらない瞬間が度々、頭の中を交差していると思います。
本当はあなたのことを女神のように思う男性心理も実はあります。

 

思い出すだけで頑張れるみたいな心理です。
よろしければ参考にしてみてください。
>>運命の人に出会う前に必ず起こること〜そう言われると…
運命の人に出会う前に必ず起こることがありました。

 

疲れた時に会いたくなる女性

会いたくてたまらない男性心理で分かりやすい言い方をすると、
疲れた時に会いたくなる女性、癒し系のホンワカした女性を男性陣は求めているような気がします。

 

同性からはあんまり好かれないようなタイプの女性、学校とか社内にいますよね。

 

上記でも軽く触れましたが、私が思うに、男性の方が女性よりも甘えん坊な部分が実はあると思うんです。

 

女々しい男って度々見かけることありますよね。

 

会いたくてたまらない男性心理から考えると、優しい女性に男性は弱いというのはあるのではないですかね。

 

女性の場合、誰にでも優しい男性は嫌ですけれど、男性は女性ほど嫉妬しないかもしれないです。

 

人によるけれど、それよりも疲れた時に会いたくてたまらない、
優しくしてほしい男性心理を分かっている女性がモテるんだと思います。

 

男性心理 会いたい女性になる。

会いたくてたまらない男性心理から逆算して、あなたが意中の男性から会いたいと思われる女性になるには、
会った時は優しく接する、一つ二つどこか褒めてあげる、なんかこんなシンプルなことを繰り返してるうちに、
意中の男性は、自然とあなたに会いたくてたまらない男性心理が働き、
あなたに夢中になっていくと思います。

 

実際に同僚のそういう場面に遭遇したことがあるのですが、
最初は”正確の良い子だ”という話から日々を重ねるごとに、
”社内で一番話しやすいのは彼女かな。”

 

みたいなくだりがあって、気がつくとカップルになってたみたいな。

 

キレイに決まったのを目撃したことがあります。

 

会いたくてたまらない男性心理を意中の男性に発動させるには、
会話のたびに優しくする、一つ二つ褒める。

 

感じよく過ごさせてあげれば、相手はあなたに会いたくてたまらない状態になると思います。

 

ただ意中の男性以外には止めたほうが良いです。

 

その場合、勘違い野郎の男性心理が働きます。(笑